The 企画 エルサーチ
LSearch http://www/lsearch.jp/

プライバシーポリシー

お問合わせ


REPORT

 

青森県農林水産部総合販売戦略課の委託事業

第2回・青森県産品の消費者モニター会議

 

■日 時:2009年11月26日(木) 

     Aグループ:10:00〜12:30

     Bグループ:13:30〜16:00

■会 場:アピオあおもり(青森市)

 第1回モニター会議(青森県の消費者/首都圏の消費者)や
アドバイザーの意見を参考に改良された商品を対象に、第2回モニター会議を行ないました。
さて、改良された商品の評価は…? 当日の様子を紹介します。

  改良された商品たちと再会

 第1回と同様、午前と午後の2グループに分かれ、それぞれ5つの商品について試食し、意見を出していただきました。
  午前中は「食の安全・健康・エコ」をキーワードとするAグループ、午後は「地域特産品・旅行・おみやげ」をキーワードとするBグループの会議。どちらも前回とほぼ同じメンバー5名が集まってくださいました。
  顔を合わせるのは2回目ということで、最初から打ち解けた雰囲気で始まりました。

 「どんなふうに変わっているかな」

 第1回のモニター会議後、改良された商品と再会したモニターのみなさん。「どんなふうに変わっているかな」「私の意見は取り入れられたかしら」と、ちょっぴりワクワク、ドキドキしている様子でした。

 とはいえ、商品を見る目は真剣そのもの。パッケージや表示の内容・表現など、前回の商品と比較しながら、細かい点までしっかりチェック。

 ひとくち試食して、思わず感想が飛び出しそうになる口を押さえて、アンケートに記入するみなさんの表情には、さまざまな思いが浮かんでいました。

 厳しい意見は、愛情の現れ

 トークタイムでは、賑やかに意見がやりとりされました。
 前回の商品と比較して、「ここが良くなった」「この部分を工夫すると、もっと良くなるはず」と、率直な意見がたくさん出ました。
 時には厳しい意見も出ましたが、それも商品への愛情の現れ。「せっかく良い商品なのに、その価値が伝わっていない」という残念な思いが、厳しい声となっているようでした。

 改良された点は高く評価される一方、改良が感じられない商品には手厳しいみなさん。企業側の姿勢や意気込みは、商品を通して消費者にしっかり伝わっていると実感しました。

 商品を見る目が変わった!!

 アンケートの記述部分にも、欄外にはみ出すほどぎっしりと意見を書いてくださいました。
 「モニター会議に参加して、買い物をしていても商品を見る目がちがってきた」と1人が言うと、「私も旅行に行くと、おみやげのパッケージが気になって気になって」。それを聞いて「わかるわかる」とうなずくみなさん。

 「出かけた先で自分の関わった商品を見かけると、うれしくなる」という声も。
 
モニター会議を通じて、商品がよりよく生まれ変わるとともに、消費者としてのみなさんの意識にも大きな変化があったようです。会議でのみなさんのご意見を聞きながら、商品と消費者はお互いに育て合う関係でもあるのだと思いました。
 みなさん、お疲れさまでした。そして、これからも長い目で商品を見守り、育てていってください。よろしくお願いします!!

 たくさんのご意見をいただいた商品たちは、さらに改良されて本格的なデビューに備えます。
 店頭に並ぶ日が待ち遠しいですね。

[取材日:2009年11月26日/ヤマモト]

HOME >レポート:第2回青森県産品モニター会議

The 企画エルサーチ
〒030-0823 青森市橋本3丁目21-14 豊ビル1階 TEL:017-734-3927 eFax:017-771-4144(市外局番からおかけください)
Copyright The KIKAKU LSearch All Rights Reserved.