The 企画 エルサーチ
LSearch http://www/lsearch.jp/
HOME プライバシーポリシー お問い合せ サイトマップ
初めての方へ 新規会員登録 おしゃべりカフェ 企業さまへ エルサーチについて

REPORT

 

そば打ち体験

2012年11月28日 道の駅 はしかみ

「道の駅 はしかみ」でそば打ち体験をしてきました。

今日、挑戦したそばは、そばの色がちょっと白っぽい「二八そば」です。

(そばがらが少ないと白っぽくなるのだそうです)

そば打ちは30分以内に作業終了しないと乾いてしまうそうで、時間との勝負!


  行程を紹介すると・・・

1.水まわし(8分:その日の湿度や温度で変わる) 

 

  • 1回目は80%の水を入れ、水とそば粉を均一に混ぜる。

 

 

  • 2回目は10%の水を入れ、サラサラの状態からだんだんボロボロした感じに。

 

 

 

  • 3回目は残りの水を入れ、ボロボロが徐々にくっついて雪だるまのように大きなだんご状に。
 

  2.こね、ねり (菊ねり)

  • 外側から内側へ手のひらを使い、赤ちゃんのおしりのようにつやが出てくるまでリズムよく続ける。

 3.のし

  • まずは、生地をまわしながら手で丸く伸ばし、直径30cm位になったら、のし棒で時計の10時、11時、12時、1時、2時の方向へ伸ばす。これを30度回転させて何回かくり返す。

 

 

  • 次に角出し(つのだし)をする。(これは、丸い形をひし形にし、最後は四角形にする行程のこと)

 4.切り

  • 押さえ板と包丁で押し切り、切ったら内側へ少し倒すをくり返し、同じ太さに切る。

 

  ワンポイント

今回はのし棒を3本使用しました。(江戸打ちと呼ばれる手法)

また、のし棒の1本は、乾燥を防ぐためにくるみ油を塗ってあり、

残りののし棒2本は、生地を巻く時に押さえるために使用しました。

棒を握る手の形が重要で、生地にキズがつかないようにするためには、

猫の手を棒に乗せるような感じでするといいそうです。

そばは、小麦粉の麺(パスタ等)の様にやり直しが出来ません。

水が1滴違うだけでも質や出来上がりが変わるそうです。

美味しいそばを味わうには、「そばの三たて」〜ひきたて、打ちたて、ゆでたて〜が重要なようです。

体験を終えて

 人生2度目のそば打ち体験でしたがなかなか思うように出来ず、

自分で作ったそばは太かったり細かったり。

先生が「女性を扱うようにそばを扱う」とおっしゃっていたので、

もしかしたら、男性の方がそば打ちは向いているのかもしれません。

合わせて、リズム感があるともっと上手にできるかもしれません。

 今年は、夏の暑さでそばの香りがあまり出ないということでしたが、

でも、やはり作りたてはおいしいかったです。

そば湯も期待していたのですが、飲むチャンスがなく、ちょっと心残りでした…。 

           

by須藤 

(reported by Yamamoto)

HOME >そば打ち体験

The 企画エルサーチ
〒030-0823 青森市橋本2丁目14-2 豊ビル1階 TEL:017-718-1607 FAX:017-718-1609
Copyright The KIKAKU LSearch All Rights Reserved.