• The企画エルサーチ株式会社

The企画エルサーチ3周年特別企画

●● 髙城順子先生を囲んで大間のマグロを食べる会 ●●

■日 時:2007年10月20日(土)

エルサーチ設立3周年を記念企画として
「あおもりの素材を使った料理教室」でおなじみの料理研究家・髙城順子先生とともに、
全国に名を知られた「大間のマグロ」を見て味わってきました!
当日の様子をレポートします。

和気あいあいと出発!!

 この日は朝からあいにくの小雨模様でしたが、思ったほどの寒さではなく、まずはホッとしました。青森から16人、野辺地から2人、横浜町から1人、むつから1人…と順に乗車し、総勢20 人でマグロの待つ大間へ!!
 途中、横浜町の道の駅「菜の花プラザ」で休憩したのですが、早速買い物をする人も。参加者の中には、学生時代の恩師と教え子が再会するというすごい偶然もあり、2人ともびっくりしていました。

 参加者がそろったところで、エルサーチ代表・蒔苗から今回の企画の趣旨を含めて挨拶をしました。その後は、時々バスガイドに変身する蒔苗の話を聞きながら、みなさんのおしゃべりも弾み、和気あいあいとした雰囲気で現地へ向かいました。
 「大間超マグロまつり」という大イベントと重なったため、道もずいぶん混雑するのかと心配していましたが、案外スムーズで予定どおり11時半ごろに到着。県外ナンバーの車もたくさん来ていました。

マグロづくしの大間町

■■ まずは「浜寿司」でお昼ごはん

 まずは、この日一番のお楽しみ、浜寿司でのマグロづくしの昼食です。浜寿司には、すでにたくさんのお客さんがいましたが、私たちはその横を通って2階の部屋へ。「超マグロまつり」のときは予約をとらないのだそうですが、今回は特別にお願いして実現しました。

 メニューはまさに「マグロづくし」。マグロ丼、珍味3点(血合い、胃袋、皮)、目玉の周りの筋肉が入ったコラーゲンたっぷりのなべ、その後には、マグロステーキも!! 初めて口にするものもありましたが、どれも美味しくて、しばしおしゃべりを忘れて堪能しました。

 マグロ丼には大トロ、中トロ、赤身がのっていましたが、どれから食べるのが一番いいかと、話が盛り上がりました。美味しいものは「一番先に」というタイプと、「一番後に」というタイプに分かれましたが、結局、美味しいのを先に食べてしまえば、後のが落ちるように感じるので、中トロ、赤身、大トロの順がいいのでは…というところで落ち着きました。
 どんぶりのご飯にはとろろ昆布が敷かれていて、マグロとよく合い、とても美味しかったです!

■■ 大きなマグロにびっくり!!

 昼食を楽しんだ後、マグロ解体ショーに出かけましたが、すでにすごい人の波で、とても前では見られないほど。解体したマグロを買おうとする人たちが、長い行列をつくっていました。そこで、解体ショー見学はあきらめて、出店を見て歩くことに。
 会場では、大間名物「マグロのぼり」が風になびいていました。


まわりの人と大きさを比べてみてください。

 ちょうどそのとき、反対側の大間漁協でマグロがあがったというアナウンスがあり、さっそく何人かで見に行きました。
 さすがに大きい! 198キロ、215cmのクロマグロ。浜に下ろすなり、ひれに包丁を入れ、一気に内臓を取り出して、それから重さ、寸法を測っていました。皆さん、初めて見たそうで、大きさに驚きながら、さかんにシャッターを切っていました。
 私たちがいる間に3本も上がりましたが、結局、この日は5本上がったそうです。

 マグロを見た後、美味しいマグロを売っているという「大倉商店」へ移動。ここでは大女将というべきか、おばあちゃんがマグロをさばいています。その包丁さばきの見事さ、元気のよさに圧倒されてしまいました。
 一般的にマグロは上がってから5日ぐらいおいて食べるのが美味しいとされてますが、この店では浜に上がってすぐのものを販売しています。食べてもこちらの方がプリプリしていて、とても美味しかったですよ。
 それぞれにお土産を買い、帰りのバスへ乗り込みました。

■■ ちょっと寄り道

 帰路、寄り道をひとつふたつ。
 まずは、“のむヨーグルト”などでおなじみの、「ミルク工房ボンサーブ」(むつ市)に。店の前の庭には、ポニーや子ひつじがいて、最初、寝ていたヤギも、私たちが行くと起きて愛想を振りまいてくれました。
 参加者のほとんどがソフトクリームを食べていましたよ。

 次は、おからドーナツで人気の「湧水亭」(横浜町)へ。ここでもドーナツを食べたり、みそ田楽の豆腐やこんにゃくを食べたり…よくお腹に入るものだと我ながら感心(?)してしまいます。
 5時を過ぎて、もう外は暗くなっていました。予定のコースも無事終わり、バスの中はお休みタイム。いつの間にかザーザー雨になっていました。予定が全部終わったところで雨とは、私たちも運がいいですね。

 一日の予定を無事終えてホッとしたところで、ハプニング発生。せっかく買ったマグロを忘れた方がいたのです。三沢から参加の方だったのですが、青森まで着てから気づいたので届けることもできず、蒔苗がその日のうちに宅急便で送り、一件落着。
 雨のせいもあり、運転手さんにはあちこちに止まって降ろしていただき、とても親切にしていただきました。
 それにしても大間は遠かったですが、皆さんは大満足してくださったようです。お疲れさまでした。


 いつもお世話になっている横浜町の澤谷養蜂園さんから、参加者全員にうれしいおみやげをいただきました。「菜の花の生はちみつ」と「菜の花蜜ろうキャンドル」です。澤谷さんの説明を聞いて、「今度ははちみつの話も聞きたいね~」という声も聞かれました。
 澤谷さん、本当にありがとうございました!!

Follow me!